わたしのこと

過酷なキャンプの思い出(4)〜大群で襲いかかってくるアイツら〜

引き続きキャンプの思い出シリーズです。

▼はじめから読む

このキャンプ場はなぜか、夕方になるとアブが大群になって押し寄せてきまして、空が夕日とアブで染まるんです…!。・゚・(ノД`)

その上、アブは服の上から噛んできやがる。
噛まれると痛いです(´・ω・`)

アブがいなければ、このキャンプの思い出も、もうちょっとマシになってたかも?

昔の人たちって、こんな中で生活してたんですよね。すごいよな…。

明治時代の日本を旅した、実在の冒険家イザベル・バードの話。
当時の日本人の生活に衝撃を受けますw

最近ハマってる「キングダム」の時代とかだと、さらに虫だらけだよなぁ…

山の民とか大変よね。

つづきます!

▼続きはこちら

\更新のお知らせはSNSで配信中/

ツイッター: @katakrico
インスタグラム:@katakrico