里帰りしない出産

里帰りしない出産

里帰りしない出産 第35話「陣痛タクシーの正体」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 たまたま空いている時間だったからか、配車はものすごく早かったです。(呼んでから5分くらい?) 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第34話「突然縮まる陣痛の間隔」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 昼ごはんには、マクドナルドのダブルチーズバーガーセットをガッツリ食べました! 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第33話「陣痛がきた!」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 わたしの場合、ふつうにお腹を下したような痛みだったので、陣痛なのかどうか最初はよくわかりませんでした。 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第32話「夫が察知した陣痛の予兆」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 自分ではよくわからないのですが、側から見るとわかるようです。 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第31話「陣痛にはカステラがいい?」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 陣痛が本格的になってきたときは、ウィダーインゼリーが食べやすかったです。 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第30話「痛い痛い!臨月の胎動」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 生まれてもこのまんまでしたw 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第29話「宅配弁当の注意点」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 生協も申し込もうと思ったんですが、手続きに時間がかかるのであきらめました。 けど、申し込んでおけばよかった…! 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第28話「入院準備中の悩み」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 出産直後はお腹がまだ出ているので、授乳クッションを使うと逆に高さが合わず、本格的に使い始めたのは生後1ヵ月くらいからでした。 使っていたのは、こちらの授乳...
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第27話「毎日2時間歩け?!」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 臨月の子宮頸管の長さは、平均2.5~3.5cmほどだそうですが、わたしは見事に倍ありました。 そこから毎日2時間…はムリだったので、1時間半ほど歩いていま...
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第26話「日用品を買いだめしておく」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 実際の産後は不足がいろいろ出てきたので、その都度Amazonプライムで買い足しました。 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第25話「産後に多いヘアスタイル」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 いまは再び伸ばしているのですが、娘に髪の毛を引っ張られたり、ゴムをムリヤリ取られたり(というか引きちぎられたり…)するので、衝動的にバッサリ切りたくなるこ...
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第24話「出産準備 ラストスパート」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 出産直後も大変お世話になりました、ヤマトさん。 関係ないですが、ヤマトさんの「ネコロジー」という自転車配達の名前が好きです。ネコロジー。 次の話へ...
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第23話「育児書で予習したけれど…」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 このとき読んでいた本をまとめたのが、産後つらかった時に読んで救われた本ですw 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第22話「生命保険の見直しをする」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 夫は保険に入る年齢が遅かったため、毎月の金額が結構かかってて、いま支払にひーひー言ってます(汗) 次の話へ進む
里帰りしない出産

里帰りしない出産 第21話「赤ちゃんの名付け」

この漫画は2016~2017年に「まんまみーあ」で連載していた出産・育児マンガです。 ちょうどこの頃、夫と一緒にカフェに行ったのですが、そのとき隣のカップルが名づけ辞典を読んでいて、「お!おたくもですか」と親近感がわいた思い出がありますw ...