未分類

美味しいホットワインを家で飲む方法

美味しいホットワインを家で飲む方法

image

ちょっと季節はずれの話になるが、わたしは子供が生まれるまで、毎年クリスマスの時期になると梅田スカイビルで開かれる「ドイツクリスマスマーケット」に行っていた。

なぜスカイビルでドイツクリスマスマーケットが開かれるのかというと、ドイツ総領事館がスカイビルに入っているからなんだが、そんなことはさておき、そのクリスマスマーケットは巨大クリスマスツリーもあるし、木製メリーゴーランドもあるし、サンタもいるし(会ったことないが)、ドイツビールはあるし、ドイツソーセージはあるし、ドイツのうまいものがあるしで、とにかく飲兵衛がクリスマスを楽しむには最高の場所なのだ。

特にドイツクリスマスマーケットで飲む「ホットワイン」は格別だった。屋外なのでかなり寒いのだが、美味しいホットワインが専用クリスマスマグにたっぷり入って出てくる。毎年恒例にしていたくらい好きだった。

が、さすがに子供が生まれると、クソ寒くて混雑する中、子連れでホットワインを飲みに行くなんてことはできない。なので妊娠してからは行かなくなってしまったのだが、それでもやっぱり毎年この季節になると「ホットワイン」が恋しくなるのだ。

今後もおそらくクリスマスマーケットにいけないだろう。しかしホットワインは飲みたい。そこで家でホットワインを飲む方法を探したところ、普通にホットワインがホットワインとして売られていることを知り、3種類を入手して飲み比べしてみた。

image
(1)赤玉 ホットワイン 赤
一番美味かった。甘みと香辛料のバランスがいい。

image
(2)赤玉 ホットワイン 白
ホットワインというよりホットジンジャーレモンの味に近かった。飲みやすいので好きな人は好きだと思う。

image
(3)グートロイトハウス・グリューワイン 赤
どっしりしていてかなりワイン寄り。甘さと香辛料も控えめ。大人の味、本場の味。

というわけで、あっさりと家でおいしいホットワインを飲む方法が見つかった。
ただひとつ問題があるとすれば、ホットワインは期間限定販売のため、入手しづらいということだ。

そこで赤玉のサイトを見たところ、赤玉スイートワイン(常時販売)を使ったホットワインのレシピがのっていたので、作ってみた。

image
鍋に「赤玉スイートワイン」「シナモン」「クローブ」を入れて温める。

image
「シナモン」と「クローブ」はスーパーで買える。

image
コップに入れて「レモン汁」を加えて、「レモンの薄切り」を添えてできあがり。

なお、普通の赤ワインを使ってもできる。その場合は、甘さをだすために「砂糖」を加える。(赤玉スイートワインは最初から甘い)

これで年中ホットワインを楽しめるようになった。イェイ。

PAGE TOP