未分類

君、ジッタリンジンを忘れたもうことなかれ

先日突然思いついてこのようなアンケートを取ってみた。

スクリーンショット 2017-01-17 2.28.06

なんとジッタリンジンが18%、惨敗である。

いままで夏祭りといえば、ジッタリンジンからの〜ダーリンラムネを買ってきて、だとわたしは思っていた。しかしそれは圧倒的マイノリティ、自分の年齢が思っていた以上に「みんなより上」だったのだ。ショックである。

しかしこのままでは終われない。BBAの断末魔を聞いてほしい。

Whiteberryの「夏祭り」はジッタリンジンのカバーである!

よし…、これで18%から19%くらいにはなったかもしれない。

そういえば、ジッタリンジンの夏祭りと同じ頃、石井明美の「ランバダ」という曲があったのを覚えているだろうか。あれもなかなかの迷宮入りカバー曲である。

「ランバダ」は元はといえばフランスのカオマというグループの曲のカバーだった。と思いきや、そのカオマも実はマルシア・フェレイラの曲のカバーだった。そしてそのマルシア・フェレイラも実は、ロス・カルカスのカバーだった。

このように多重カバーされた結果、初代の名を聞いても「誰?」状態になってしまうのである。しかたない。これはしかたない。

というわけで、カバー曲はぜひその元ネタを探してみると面白い。

PAGE TOP