ゲームレビュー

【ダメプリ】ヴィーノ5章の感想レビュー(ネタバレあり)

DAMExPRINCE(ダメプリ)ヴィーノルート 5章のプレイレビューです。
激しくネタバレしてるのでご注意ください。

***

皇太子の嫡男こと「真の王子」として生まれたヴィーノは、現国王派から狙われるようになり、昔に両親を亡くして、ひとりで生きてきていました。

自分を守るための術として、女好きのバカ公爵を演じていたヴィーノ。そんなヴィーノの味方になる、と主人公は決めます。

***

「真の王子」を持ち上げてクーデターを起こそうとしている黒幕は一体誰なのか。
それを探るために、ヴィーノと主人公は調査を開始。
反国王派が”秘密の夜会”を開くことを突き止めた2人は、潜入調査をすることにします。

この夜会が仮面着用でちょっとドキドキしました。
なんかアイズ ワイド シャットを彷彿とさせるような?違うか。

***

“占いの館”に行けばより詳しいことがわかるかもしれない、という情報を手に入れ、占い師のところへ向かうヴィーノと主人公。

この回はヴィーノルートの神回の一つじゃないでしょうか。
乙ゲーのお約束・密室に押し込まれて密着ドキドキタイムがあるんですよ( ゚д゚ )クワッ!
いやーごちそうさまでした。
しかしヴィーノルートは、イナコの姫様がすっかりただの恋する乙女になってーら。

占い師の館で、ナレク毒殺計画を聞きつけた2人は、慌ててナレクの元へ向かいます。

***

手分けしてナレクを探し、毒殺を阻止した主人公。
しかし誤って主人公が毒入りの飲み物を飲んでしまいます。

取り乱すヴィーノ。
何日も昏睡する主人公のそばを離れないヴィーノ。
心配のあまりなんか心のうちを暴露しているヴィーノ。
(おいしい!)

やっと目を覚ました主人公を強く抱きしたヴィーノは、ある決意をします。

それ以降、ヴィーノは主人公のもとに姿を現さなくなったのでした。

***

やっと5章終わりました…ゼーゼー。ヴィーノルートはカケラ集めがきつい!


ヴィーノ4章へ一覧ヴィーノ6章へ

PAGE TOP