ゲームレビュー

【ダメプリ】メアDAMEエンドの感想レビュー(ネタバレあり)

DAMExPRINCE(ダメプリ)メアルート ダメエンドのプレイレビューです。
激しくネタバレしてるのでご注意ください。

***

メアがイナコで自分の境遇を打ち明けた夜。

自分のことを理解してくれる
ずっとそばにいてくれる

そう感じたメアは薄笑いを浮かべていました。

1ヶ月後に遊学を終えて、セレンファーレンに帰国するメア。
テオが腹痛のため、主人公は一人で国境まで見送りきました。

・・・なんか嫌な予感がします。なんでテオがわざわざ腹痛設定?

 

「じゃあ元気でね」と別れようとする主人公をメアは引き止めます。

そして暗転。

・・・

・・・

・・・

気がつくと、再び監禁されていた主人公。

今度は場所がどこなのかもわからない。
誰も助けに来てくれない。
いつまでも続くお人形ごっこ。

次第に主人公は壊れていったのでした・・・

〜END〜

 

こわーーーーーー!!!
このゲームってこういうスリラー要素ありのゲームだったんですね。

でもスチルのかわいさは、ダメエンドが一番かもしれません。
黒執事とかアリスインワンダーランドのような、ダークなかわいさがあって。

***

ラブエンドもダメエンドも通ったのに、スチルの回収率が86%で、1枚足りないんですよね。
ということは、その後のストーリーか…。課金か…。

とりあえず次は、お気楽そうなヴィーノ攻略に行ってみたいと思います。


メアLOVEエンドへ一覧 | 次の話へ

PAGE TOP